通販会社の業務が変わる!通販物流で発送ミスが減らせる!

Posted on

通販会社は注文を受けたり客対応するだけ

通販といえばかつては雑誌上のカタログを用いるタイプが多くありました。もちろん今もありますが、今の主流はネットを通じた販売になるでしょう。大手だけでなく個人でもショップを運営できるようになりました。運営方法は様々で、個人などは自分で仕入れて自分で商品管理をし、自分で宅配業者を手配して発送するなどをするときもあります。大手の通販会社になると通販物流会社を利用して効率化を図っています。通販会社が行うのは注文の受付と顧客対応になります。それ以外はすべて通販物流会社が行います。注文が入ると通販物流会社に情報が伝えられ、該当商品の発送準備から発送などを行います。それぞれの商品の仕入れや在庫管理なども通販物流会社が行います。

物流のプロに任せてミスを減らす

商品を注文したらその商品が届くのが当たり前と思うでしょう。常にその当たり前になってくれれば購入者は納品された商品のチェックをする必要はないでしょう。実際は品違い、数違い、不良品が入っているなど目的通りに届かないケースがあります。検品作業をしたうえで、問題があれば注文先に伝えなければいけません。通販会社でも発送時にミスを無くそうとしますが、いろいろな業務を行っていると物流部分でミスが出る時もあります。そこで通販物流会社を利用します。この会社は物流部分を専門にしている会社で、倉庫や輸送手段、さらに仕分けの仕組みなどを持っています。多くの通販会社と契約をし、物流をより正確に素早く行ってくれます。通販会社が利用すればミスを減らせます。

通販物流を行う際、入庫・検品・発送といった業務を代行業者に委託することが出来ます。大幅な業務負担の減少を行えます。