M&Aの実行を通して確保できる主なメリット

Posted on

M&Aの意味と実行のポイント

M&Aは、会社組織が特定の会社組織を入手する事や複数の会社組織が合併することを意味します。M&Aは原則として企業買収と合併を意味しますが、会社同士の提携もM&Aというケースがあります。 M&Aが実を結ぶ為に重要なことはまず第一に会社組織の文化が似ていて、経済活動を実施する上で充分ではない部分を補ったり力を合わせる事で行うビジネスがうまく進んで行くか否かという点といえます。買い手サイドは統合する事によって対価以上の効果をあげることが重要です。 そして、M&Aを実施した後の運営管理も重要で、売り手サイドの会社組織の従業員のモチベーションを保持させことも欠かせません。

実行による主なメリット

譲受け側の会社組織は自分の会社で新事業に欠かせないテクニックや人材などを準備しなくてもM&Aにより手際よく経営資源を入手できる利点があります。このことより新事業をスタートする時も事前準備に時間を掛けずスピーディーに事業展開可能です。それに加えて既存事業と新しく展開した事業がシナジー効果により収益を得る機会が拡大することもメリットです。 譲渡した企業のメリットは後継者不在により事業継承が出来なければ、従業員の雇用に悪影響が出ますし、スキルや手法などが無駄になります。さらに業績不振で会社組織の存在そのものが危ういケースや業績不振で成長が困難な場合でもM&Aによりレベルアップする機会を得ることができます。 譲渡する企業の創業者も廃業と対比して利潤確保がし易いというメリットがあります。

M&A」とはMergers and Acquisitionsの略で、企業の合併や買収のことです。新しい分野に進出する際や業界再編時に、また、近年では投機目的などでも行われます。