長く働く人材を見つける!適正検査の活用!

Posted on

適正を調べることは大切です

新卒で多くの人を雇ったけど、なかなか長く続かない!一体なぜでしょう?その理由の一つとして、職業との相性が合わないということが挙げられます。例えば、人と接することが苦手な方が接客や販売の仕事についたり、じっと座って仕事をすることが苦手な人が事務職をしたりすれば、きっと長く続かないとかもしれないと予想できます。そのため、入社試験の際に適職であるかを調べることは大切になります。

個別テストと集団一斉テスト

適正検査は集団で実施するタイプと個別に行うタイプがあります。前者では、集団一斉テストで実施をします。アンケートに答えたり、簡単な作業をしたりします。簡単に多くの人に実施ができることが特徴です。一方後者では、個別面接の際に実施します。口頭でアンケートを行っていくものです。こちらは手間がかかるため少人数にしか実施できませんが、より細かく分析できることが特徴になります。従ってどのような形で適正検査を行なっていきたいのかということをあらかじめ決めておくことが大切です。

会社が欲しいデータを集める適正検査を選びましょう

適正検査を選ぶ際は、会社がどんな人材を選びたいかということを中心に考える必要があります。例えば事務作業の適正を測るもの、コミュニケーション力を測るものなどがあります。欲しいデータを調べることのできる検査であるのかといえことが大切です。

また、その検査が信頼できるものなのかを調べておくことも大切です。 検査には、基本的に作成手順や信頼性などが記載されています。併せて、検査の実績やレビューなども参加になります。

適性検査とは受験する人の適正の有無や程度の診断を目的とする検査であり、主に、就職する時などに使われるようです。