青色申告を行う時に注意しておきたいポイントとは?

Posted on

開業届などの提出が必要な青色申告

確定申告には白色申告と青色申告の2種類がありますが、この中で節税効果が高いと言われているのが青色申告です。このため可能であれば青色申告をしたいと考えている人も多いと思われますが、注意しておきたいポイントもいくつかあります。

まず第一に、青色申告を行うためには、一定期間内に個人事業の開廃業等届出書を提出しなければなりません。提出先は管轄の税務署で、継続的に何らかの事業を行い、青色申告をするためには必要となるものです。そしてもう1つ欠かせないのが、所得税の青色申告承認申請手続です。期限は青色申告を行う年の3月15日までとされており、開業届と一緒に提出するケースが多いようです。

控除を受けるためには複式簿記が必要

青色申告を行う時には、その他にも注意すべきポイントがいくつかあります。青色申告には特別控除があり、所得内容によっては65万円の控除を受けられます。ただし、これには条件があり、複式帳簿の提出が無ければ65万円の控除が無効になってしまうのです。複式帳簿とは、複数の科目が明記されている帳簿を意味しています。いわゆる複式簿記で書かれた帳簿であり、買掛帳や現金出納帳など、それぞれについて理解しなければなりません。始めのうちは複式帳簿を大変に感じる方も多いですが、決められたルール通りにまとめていけば、自然と知識が身に付いていくものです。したがって、まずは複式帳簿のルールを学び、基本的な部分からまとめていきましょう。また、青色申告で利用できるのは、不動産所得と事業所得、山林所得のいずれかに限定されています。

起業に先立ち、会計ソフトを購入しておくと確定申告に役立ちます。青色申告は白色申告よりも記入する項目が多くなりますが、ソフトに入力しておけば自分で計算する必要がありません。