前もって知っておいた方がお得!自営業を始める場合に考えるべきこと

Posted on

勝負できるアイデアを練る

会社勤めに向いていないと考えている場合やマイペースで仕事をやりたい場合は、自営業をスタートさせると良いでしょう。自由に仕事を進めることができるため、連休を取得したり、夜遅くまで仕事をしたりなど、会社員では難しい働き方をすぐに実現できます。ただ、頼りにできる人は自分以外にいないので、勝負できるアイデアを練り、商品やサービスを実用化する必要があります。

自営業で成功するのは難しいことですが、苦難を乗り越えて規模を拡大できれば、人材を採用したり、広いオフィスを借りたりなど、理想を少しずつ実現していけるでしょう。アイデアは試行錯誤が必要なので、実用化するまで時間を要することはありますが、地道に取り組んでいれば形が見えてきます。

開業届を出す前に試そう

アイデアを実用化し、自営業をスタートさせる際は売れるかどうかを試す期間を設けましょう。すると、反応を見たうえでこの先の戦略を考えられるようになるので、売れると判断した場合は開業届を出すべきですし、改良や新しいアイデアが必要と感じた場合は開業届を出さず、再び実用化して試すことをおすすめします。

開業届を出すと確定申告をする際に控除が大きくなるため、納付する税金が少なくなるメリットがあります。自営業をスタートさせる段階から開業届を出しても問題はないですが、申し込みの手続きが必要になるので、最初は売れる商品を開発することに時間を使用すべきです。また、開業届を出している状況で気が変わり、自営業を諦める場合は廃業届を提出しなければなりません。

フランチャイズとは、独自の商品やサービスをもつ企業が加盟した独立店に一定地域内での独占販売権を与えるシステム。独立店は、仕入れルートや経営方法等の指導を受けるかわりに企業にロイヤルティーを支払います。