貸金業者から借金していることを人に知られないようにするためには

Posted on

正当な業者であれば借金情報を他人に教えることはない

自分から言い出さない限り、借金をしているという事実が他人にばれることはそんなにありません。銀行や消費者金融などの正当な貸金業者が、「あの人はうちからお金を借りている」といったことを言いふらすことはないからです。たとえ、債務者の家族から「身内が貴社からお金を借りているのではないか」という問い合わせがあったとしても、「確かに借りています」とすんなり答えることはありません。借金というプライバシー情報を簡単に明かすような貸金業者は債務者からの信用を失うことになるとわかっているからです。

ただ、借金をしている事実が他人にばれてしまう可能性はゼロとはいえません。

長期滞納すると周囲の人に知られる可能性が高くなる

では、どういった場合に自分が借金をしているということが、ほかの人にばれてしまうのかというと、まず長期滞納した場合です。滞納期間が短ければ、貸金業者は気を遣って自社の名前が印刷されていない封筒で督促状を出しますが、長くなってくると、社名入りの封筒で督促状を送ってくる可能性が高くなります。

たくさん、CMを流しているような会社から借りている場合、その会社の名前が入った封筒が自宅に届き、それを家族が見ればその時点で借金をしていることがばれるでしょう。

また、長期滞納した挙げ句、最終的に給料の差し押さえをされることになると、確実に裁判所から会社の経理などに連絡がいくことになるので、会社にばれてしまいます。

絶対に借金していることを人に知られたくない場合は、滞納しないように心がけましょう。

機密文書の定義は、「企業にとって極めて重要で、秘密保持が必要な情報を含んだ文書」です。機密のレベルによって区分されています。区分は、「極秘」や「秘」、「社外秘」です。