知っておきたい営業代行の違いやポイントをチェック

Posted on

営業代行は様々な企業で活用されています

営業代行を利用する企業には大きく分けて2つのパターンがあります。1つはベンチャー企業など、ヒューマンリソースが限られている企業が事業拡大の為に活用するパターンです。そして、もう1つは比較的、大きな企業などで業務の効率化の観点から営業のプロフェッショナルである営業代行に営業部分を依頼するパターンです。企業の大小に関わらず様々な状況で営業代行が活用されている状況となっています。

報酬の違いをチェック

営業代行を依頼する上で押さえておきたいポイントと言えるのが報酬の支払い方式です。営業代行には固定報酬型と成功報酬型の2つの形式があり、営業代行業者によって異なります。どちらが優れていると言う事は無いので、自社のサービスや製品内容に合わせてマッチングさせていくのが良いでしょう。安定的に業績を上げていきたいケースの場合、固定報酬型、短期的に業績を伸ばしたいケースの場合、成功報酬型が一般的に採用される傾向にあります。

単に決められた事をやるだけじゃない?

営業代行業界は業界内の競争が激しい為、各社、サービス力の強化に取り組んでいます。単に決められた業務だけを遂行するだけでは無く、企画の提案やPDCAサイクルを自社内で回し改善を行なっていくなど付加価値を提供する営業代行の会社も少なくありません。特にベンチャー企業などの場合、ヒューマンリソースが限られている為、企画の立案やPDCAサイクルを回す時間が取れないケースがあるので、この様なタイプの営業代行が重宝されます。

事業拡大を検討している方に最適なのが、営業代行です。営業部分のみをアウトソーシング出来るので、効率的に事業拡大を行えます。